メニュー

	フライヤー

注目されるその訳とは

ここでは、今激安チラシ印刷業者がなぜ注目を集めているかという安さ以外の理由を記述しています。現在の利便性やサービス内容において激安とは家充実している激安チラシ印刷業者の注目される要因となるメリット等を書いています。

詳しく見る

	印刷機

安い理由は色々ある

ネット上にはチラシ印刷をなんと激安価格で行う業者が多く存在します。人件費などのコストがかからないなどの理由で従来にない価格が可能となっています。しかも短い納期で完成するので、チラシのデータさえ作れるなら非常に便利な方法です。

詳しく見る

	女性作業員

予算の都合で安く仕上げる

チラシ印刷を業者に任せるにしても、料金が気になるものです。激安なら、様々なカラーチラシを制作する活用法も知っておきましょう。安いから単色、でもチープになるなら2色やフルカラー印刷も刷ってみるなど、対効果を得ましょう。

詳しく見る

	PRINT

安くチラシを印刷

できるだけ激安でチラシ印刷を依頼したい場合、早めの入稿でなおかつ余裕を持って発注を掛けることです。加工や印刷内容によって値段が大きく変わるため、コストを抑えられるような工夫をすることが好ましいのです。

詳しく見る

	色見本

ネット印刷で安く

少ない部数でも激安でチラシ印刷のサービスが利用できるようになり、小売店でも気軽に利用できるようになりました。また、全てネットで見積りの詳細がわかるので、コスト削減にも効果をあげることができるようになったのです。

詳しく見る

紙や色にこだわる

印刷機

料金の違いは印刷紙

チラシ印刷を業者に依頼するからには、なるべく安く制作・印刷したいものです。文字だけのチラシあるいは1色刷りなら安くなるなど、予算の都合で色の数やデザイン、加工を減らすことは可能です。ですが、激安を謳うにしても仕上がりに大差が出るのならば利用を躊躇するはずです。技術面だけは抜かりなくチェックしてから依頼しましょう。また、予算の都合によってチラシ印刷を激安で依頼したいのなら、紙のサイズに着目しましょう。印刷時に紙を指定するには、大きさと重さの規格を指示するのですが、種類も数多くあります。A版とB版の他、四六判や菊判、新聞用紙までがあります。A版はヨーロッパで流通するサイズ、B版は日本独自サイズで、安さからいえば公用のA版(A4)を選びましょう。A6は生活に必要な修理など、電話番号が分かればいいようなシンプルなメッセージのチラシ印刷向き、ポスティングなどに適しているのはA5です。折り込みチラシは、大量に刷る時は一度に何十万枚もの数になるので、そうした場合1枚ずつの紙ではなく、ロールになったものを使用するので、種類も限られてきますから激安提供できるワケです。最もチラシ印刷で用いられるのはコート紙、写真の効果が高いのが特徴で、予算に収まらずにアート紙を断念せざるを得ない場合に利用してみましょう。ちなみに、単価が高いのはサンマット紙ですが、発色に優れた波光は美術作品のプリントに使われるため、意外性でチラシ印刷に応用されています。色では、1色刷りが激安というだけで、3色刷りとフルカラーは金額的にほとんど差がありません。